みょうばん(ミョウバン)水の作り方


ミョウバン水は、優れた消臭効果や美肌効果のある天然のデオドラント剤、スキンケア剤です。

数年前からテレビ番組などで取り上げられ、市販のデオドラント剤や制汗剤よりも安価で効果があると注目されています。

早速ミョウバン水の作り方を知りたいという方は「ミョウバン水の作り方」から、ミョウバン水について興味のある方は「そもそもミョウバン水って何?」からどうぞ。



ミョウバン水の作り方

 必要な材料

ミョウバン(焼きみょうばん) 50g(※)
  薬局やスーパーで100円以下で手に入ります。
  重曹などと一緒に置いてあることが多いです。
・水道水 1500cc(※)
・ペットボトル(1.5リットル)
・スプレーボトル(100均で売られているスプレー容器など)

※配合の割合(水:ミョウバン=30:1)を同じくして(例:ミョウバン5g+水道水150cc等)、少量のミョウバン水を作ることもできます。
 (ミョウバン5gは、ちょうど小さじ1杯です)


 ペットボトルにミョウバンと水道水を入れて軽く振り、そのまま一晩置いておきます。

ミョウバンは水に溶けにくいので、最初は細かい発泡スチロールが水に浮いたようになりますが、そのまま放置しておけば透明な水ができあがります。

お湯を使うと早く溶けます。最初は白濁しますが、数十分そのままにしておけば同じく透明な水ができあがります。
この透明な水が、ミョウバン水の原液になります。


 ミョウバン水の原液を水道水で6倍から10倍に薄め、これをスプレーボトルに入れます。
より消臭効果を高めたい場合は濃いめにするといいです。

これでミョウバン水の完成です。ミョウバン水の作り方はここまでです。


 お風呂上り、またはシャワーの後に、気になる部分にミョウバン水をスプレーします。


 そのまま乾かすか、タオル等でみょうばん水を軽くふき取ります。
ミョウバンの強力な殺菌力、制汗力、消臭力で気になるニオイが消えます。その効果が実感できるでしょう。

ペパーミント、レモングラスティーツリー等のエッセンシャルオイルをミョウバン水に加えると一層快適です。(お好みでお試しください)

消臭効果を長時間持続させたい場合は、ミョウバン水にレモンを1滴加えてみてください。
レモンもミョウバン水と同じ酸性ですので、殺菌作用があるため、効果がより長続きします。
また、レモンの香りが気になるニオイをマスキングしてくれます。(こちらもお好みでお試しください)











そもそもミョウバン水って何?

ミョウバンは、なすの漬物やレンコンの下ごしらえなどの料理の用途に広く使われている食品添加物です。

ミョウバンは水に溶けると酸性になり、気になる汗やワキガ・足の臭いの元となる雑菌を分解・抑制してくれるため、優れた消臭効果も発揮してくれます。

ミョウバンには、厳密には幾つかの種類がありますが、主に使われているのは「焼きミョウバン」と呼ばれるもので、スーパーや薬局などで50g100円以下で売られています。(重曹などと一緒に陳列してあることが多いです)



ミョウバン水の特性と消臭効果


ミョウバンは、制菌・制汗・収れん作用(※ちょっと解説参照)を合せ持った優れた消臭成分です。

臭いの元となる雑菌と汗を同時に抑え、臭いの発生源を清潔に保ち、同時に嫌な臭いを消臭してくれます。

ミョウバン自体は、古代ローマ時代から広く使われていた天然の食品添加物ですので、体に安心・安全な成分です。

※ちょっと解説
殺菌作用 ワキガや足のいやな臭いは、汗などの分泌によってに生じる雑菌が原因です。
ミョウバンは、水に溶けると酸性になりますので、臭いの元となる雑菌の増殖を抑制し臭いを抑えることができます。
制汗作用 ミョウバンは汗を抑える効果もあります。汗が抑えられることで皮膚表面の湿気が抑えられ、臭いの元となる雑菌の増殖を抑制してくれます。
収れん作用 ミョウバンには、肌の角質層を形成しているたんぱく質から緻密な保護膜を作って、お肌をスベスベに引き締める作用があります。

ミョウバンは、優れた消臭剤としてだけでなく、その収れん作用から美肌水として利用されます。
別府温泉のミョウバン風呂でも有名ですが、ミョウバンは、アトピーやニキビ予防にも効果があります。





ミョウバン水の使用上のワンポイントアドバイス

汗をかいてニオイが強く気になる場合は、ワキや足などにみょうばん(ミョウバン)水を1〜2回プッシュし、一旦、みょうばん(ミョウバン)水と一緒に汗を綺麗に拭き取ります。(こうすることで雑菌がきれいに無くなります。)
その後、みょうばん(ミョウバン)水を1プッシュすればより効果的です。

酸性のみょうばん(ミョウバン)水は、体の表面にいる常在菌(体にとっては良い菌)を殺菌することなく、臭いのもととなるアンモニアの臭いを効果的に抑えてくれます。

汗やワキガのニオイは汗をかく夏場が最も気になりますが、実は冬場も気をつけたいところです。冬場は服の重ね着をしますので、通気性が悪くなり、夏場よりもかえって臭うこともあるので、ワキガが気になる方は、冬場も一層のケアに心がけましょう。



ミョウバン水の保管方法と使用期限

ミョウバン水の原液は、腐敗を防ぐために冷暗所または冷蔵庫に保管しましょう。

ミョウバン水の使用期限は、原液は1カ月程度、原液を薄めたミョウバン水は1週間程度で使い切りましょう。

また、ミョウバン水を作る際の水は、必ず水道水を使いましょう。精製水やミネラルウオーターは塩素が入っていないため、腐敗が早まる場合があります。

なお、より消臭効果を高めたい場合には、水道水の代わりに、濃い目の緑茶に溶かすと効果的です。緑茶のカテキンも強い消臭効果がありますので相乗効果が期待できます。この場合は、使用期限が短くなりますので、早めに使い切るか、少量のミョウバン水原液をその都度作るようにしましょう。




 みょうばん(ミョウバン)水は、スーツやシャツなどの布製品や加齢臭、靴や生ゴミなどのニオイとりの他、アトピーやニキビ予防、鍋の焦げつき、コーヒーメーカーの汚れ落としなどにも効果があります。
ミョウバン水の様々な使い方は、こちらを参考にしてください。




homeへ
Copyright(c)2007 みょうばん(ミョウバン)で消臭 All rights reserved.